• Adfeed

    人気記事

  • スキル継承 攻略

    スキル継承の条件ルールまとめ!スキル継承のやり方を解説

  • Pickup記事

  • 注目新着記事

  • Pickup記事

  • フット

  • 注目新着記事

  • ネイティブアド

  • skillTOP

    本日実装されました新システム『スキル継承』の仕様を解説致します!

    スキル一覧
    武器スキル 補助スキル 奥義
    パッシブA パッシブB パッシブC

    基本仕様

    • 一度の『スキル継承』で同時に継承できるスキルは3つまで
    • 継承したスキルは『スキル習得』で覚える必要がある
    • 『スキル習得』の際は、通常より1.5倍SPを必要とする
    • 『スキル継承』元の英雄は消滅する
    • 現状、『限界突破』元からは継承はできないが今後可能予定
    • ファルシオンなどの英雄専用の特別なスキルは継承できない
    • 器種や移動タイプによっても継承できない
    • ☆制限のあるスキルを習得した場合はSP消費は通常通り

    以上がお知らせによる『スキル継承』の仕様解説になります。
    ここからは気になる仕様を独自に解説していきます!

    詳細仕様

    そもそもスキルの対象は?

    公式の「スキル」という言葉には、「武器」「奥義」「補助」「パッシブ」全て含まれています
    ですので、基本的に英雄の項目にあるものはほぼ全てスキルの対象となります。

    『スキル継承』の際の「前提条件」

    『スキル継承』の際にはいくつか前提条件が存在しています。

    1、最大で3つまで同時に選択可能

    前提条件スキルなど全て含めて最大3つまでで、1つだけや2つといった選択も可能ですが、どこでどのようなスキルが役に立つかわかりませんので、出来る限り3つ継承した方が良いでしょう。

    2、継承元が該当のスキルを習得可能な状態である必要がある

    skill01

    例えば、継承元が『キラーランス』までしか習得可能でなかった場合、継承できるのは『キラーランス』までで、『キラーランス+』は継承できない。
    これの継承元を☆5まで覚醒させ、『キラーランス+』を習得可能な状態にしていれば、継承は可能になる。(継承元で習得する必要はありません)
    この事から、武器系スキルの上位のものを継承する場合、ほとんどが☆5まで覚醒する必要があります。

    3、上位のスキルを継承する際は前提もセットで必要となる

    skill02

    例えば、『守備封じ3』を継承する場合、『守備封じ1』と『守備封じ2』もセットで継承させなければならない。
    例外として、継承先が既に『守備封じ2』まで継承習得済みであれば、『守備封じ3』のみの継承も可能です。
    この事から、低☆で前提条件を先に継承させて、その後に高☆からその他もまとめて継承させるのが無駄が無くて良いと思われます。

    4、スキルには「継承制限」が存在する

    skill03

    「専用スキル制限」

    これは『ファルシオン』などの各英雄専用スキルで、基本的に継承できないものになります。

    「武器種制限」

    これは『勇者の弓』などの各武器専用のスキルで、武器の種類が違う英雄には継承できないものになります。

    「移動タイプ制限」

    これは『守備隊形』などの各移動タイプ専用のスキルで、移動タイプの違う英雄には継承できないものになります。
    また、『HP1』など、どの英雄でも継承可能なスキルも存在します。

    『スキル継承』後の『スキル習得』

    『スキル継承』により継承されたスキルは普通のスキルとは違う部分がいくつかあります。

    1、習得の際は通常の1.5倍のSPを消費する

    skill04

    例えば、通常であればSP消費40で習得可能なスキルを継承した場合、スキル習得時には1.5倍の60必要になります。
    また、この例外として、例えば☆4の英雄が☆5になった際に習得可能になるスキルを継承した場合、1.5倍とはならず、従来のSP消費で習得可能になっています。

    2、下位スキルを継承した場合、上位スキルを習得する事は出来ない

    skill05

    例えば、『勇者の槍』を継承した場合、その英雄が☆5であろうとも、スキル習得で上位の『勇者の槍+』を、継承無しで習得する事は出来ません。
    上位の『勇者の槍+』を習得したい場合は、必ず他の英雄から継承させる必要があります。

    3、継承したスキルは前提含めて習得する必要あり

    例えば、『攻撃1』『攻撃2』『攻撃3』を3つまとめて継承した場合、必ず下位から順番に習得しなければならない。
    いきなり飛び越したり下位を自動で習得していたりすることはありません。

    ブレス系はマムクート同士で全て継承可能

    skill06

    マムクートの使うブレスは基本的に属性関係なく継承可能なので、遠距離にも反撃できる『雷のブレス』持ちが増えるのではないでしょうか?

    まとめ

    『スキル継承』する際は、どこでどのスキルが役に立つようになるかわからないので、1つや2つだけでなく出来るだけ3つ継承させる
    特に奥義や補助はあるだけ覚えていた方が良い。
    欲しいスキルがある場合は、それだけを狙っていきなり高☆を継承元にするのではなく、まず低☆から前提条件を集め、最後に高☆から欲しいスキル以外のその他の上位スキルも一緒に継承するのがベター。
    武器系最上位は大体☆5しか習得できないので育成が大変。


    いかがでしたでしょうか?
    まだまだ実装したばかりで不透明な部分もありますが、英雄のビルドが楽しくなりますね。

    事前予約やってるゲームがくっそ面白そうなんだがwwww
    予約特典でガチャ10連分の石もらえるみたいだしウマウマだぞw

    カムライトライブ 事前登録(無料)受付中!

  • キャラ評価

  • この記事へのコメント

  • Adfeed

    人気記事

  • キャラ評価

  • この記事へのコメント

  • 事前登録

    事前予約やってるゲームがくっそ面白そうなんだがwwww
    予約特典でガチャ10連分の石もらえるみたいだしウマウマだぞw

    カムライトライブ 事前登録(無料)受付中!

  • 注目新着記事

  • RSS①

    おすすめ記事

  • Adsense関連記事

  • 関連記事

  • RSS②

  • -スキル継承, 攻略

    メニュー
    トップ