初心者向け 攻略・立ち回り

【初心者必読】キャンプ送りにならないための10か条!!!これを念頭に入れておけよ!!!

本日の人気記事

本日の人気記事

782124

記事によると

◆「どう戦えばいいか分からない!」─そんな時は、“ターン制”として考えてみよう

敵が攻撃している時は「相手のターン」と割り切って欲を出さず、回避やガードに専念。すると、攻撃が終わった後のモンスターがしばし無防備な状態となります。この時がまさに、「自分のターン」。愛用の武器でモンスターに攻撃しましょう。慣れないうちは、一撃か二撃で充分。相手もすぐに動き出し、更なる攻撃を仕掛けてくるので、ターンが変わったと考えて回避や防御に切り替え。この繰り返しを基本とすれば、被弾率がグッと下がり、継続的にダメージを与えられるようになります。

こちらがダメージを受けるのは、回避やガードが的確ではなかった場合を除けば、攻撃した後の硬直中に襲われる場合がほとんど。この法則は攻守を逆転しても同じことで、モンスターが攻撃した後の隙を狙えば、安全確実にダメージを与えられるわけです。

◆「どの方向からモンスターに攻撃すればいいの?」

突進などを多用するモンスター相手には、後方から攻撃する機会が多めになるでしょう。「後ろ側なら安全」とも思いがちですが、しかし尻尾を振ったり足で蹴ったりと、案外危ない位置でもあります。なので、真後ろから攻撃する時は、やや回り込んで斜め後ろから攻撃すると、比較的対処しやすいケースが多いです。また、突進を何度か繰り返す相手もいるので、再突進しないかも念頭に入れておきましょう。

正面から攻撃するのは、かなりリスクの伴う行為。前述の突進はもちろん、前足を使った攻撃やブレスなども食らいやすくなるので、安全に戦いたい場合はお勧めしにくい方向です。ただし、頭に攻撃を食らわせると相手を怯ませたり、より大きなダメージを与えられる場合もあるので、リターンも少なくありません。一撃だけ加えて回避するなど、リスクを抑えつつ狙ってみるのも一興でしょう。

あと、攻撃後の回避についてですが、モンスターから出来るだけ遠ざかりたくなりますし、それは決して間違いではありません。しかしモンスターに近すぎると、回避を1~2回行っても相手の攻撃範囲、という場合も。そんな時は、思い切ってモンスターの懐に飛び込むのもひとつの手。自分がいた位置に攻撃を仕掛けてくる場合、うまく空振りさせることも可能です。もちろん状況によって異なりますが、「相手の腹の下を潜り抜けて逃げる」というのも、存外悪い手ではありません。

◆『モンスターハンター:ワールド』ならではの要素にも注目!

周囲の環境が利用できるのも本作ならでは。薬草などは過去作でも採取できましたが、手軽に回復できる「回復ツユクサ」や「回復ミツムシ」はしっかりと利用したいところ。薬と違い、回復するまでの時間が短いので、ピンチ時の切り札として保存しつつ戦うのもお勧めです。モンスターが移動した場合は、ツユクサやミツムシで回復してから追いかけましょう。

環境利用は、このほかにもツタや岩、カエルに虫、流水などもありますが、いずれもタイミングや使い方にコツがあるので、基本的な戦いに慣れた後に使い方をチェックしてみましょう。初心者の頃は、やれる事を絞った方が取り乱しにくいかと思います。

◆「ダメージ食らった! 回復したい!」、そんな時も要注意

回復薬を使うタイミングは、モンスターの隙を狙うのが一般的ですが、「その隙が分からない!」と初心者時代は誰もが思うこと。そこで今回お勧めするタイミングは、「モンスターの攻撃がオトモアイルーに向かった時」です。オトモに攻撃を繰り出している間なら、かなり安全に回復薬を使うことができます。

◆アイテムも心強い味方!

初心者に罠を勧める点のひとつとして、状況やモンスターの状態に左右されにくいという特徴があります。地形が対応しており、有効なモンスター相手ならば、設置して相手がハマるのを待つだけ。シビアなタイミングなどもないので、使いやすく有用なアイテムとなっています。

ちなみに「落とし穴」は、「ツタの葉+クモの巣」を組み合わせて作った「ネット」と、流通エリアなどで売っている「トラップツール」を調合すると出来上がり。「シビレ罠」はもっと簡単で、「トラップツール+雷光虫」だけで手に入ります。購入できる「トラップツール」以外は植生研究所で増やすことができるので、施設も有効に活用して便利なアイテムをストックしておきましょう。

◆「自分だけじゃ倒せない!」、そんな時でも『モンハン:ワールド』なら打つ手アリ

本作では、クエストへの途中参加が可能。オンラインに接続しており、かつPS+のサービスに加入していれば、クエスト中に「救難信号」を発信することで他のプレイヤーが参加できるようになります。相手も人間なので、必ずやってくるとは言えませんが、助けを求めて損することはないので、ピンチの時には一考してみましょう。

◆「どの武器を使えばいいの?」、初心者向けのお勧め武器を紹介

軽快な機動性と素早い攻撃、そしてガードもできる「片手剣」は、初心者でも取っつきやすい武器として知られています。ひとつひとつの攻撃が早いため、危ないと思ったらすぐに回避やガードに移れるのも魅力的。しかも、武器を手にしたままアイテムを使うことが出来るため、回復なども素早く行えます。生存力の高い武器と言えるでしょう。

また、武器を構えた時の機動性はかなり低いものの、重い一撃を繰り出す「大剣」も使いやすい武器です。リーチが長いので攻撃が当てやすく、また「溜め攻撃」で大ダメージを与えやすいのも特徴です。敵の攻撃が恐い時は、「抜刀しながら攻撃し、すぐに回避→納刀後に走って逃げる」を繰り返すと、比較的安全に攻撃できます。余裕が出てきたら、相手の動きに合わせて「溜め攻撃」を混ぜていきましょう。ちなみに「大剣」もガードが可能。危ないと思った時はガードで凌いでください。

◆初心者にお勧めしたいスキルはこれ!

切れ味ゲージが落ちやすい武器を使っている方は、「砥石使用高速化」も重要なスキル。通常だと4回研がないとゲージが回復せず、モンスターの近くで行うには危険が伴います。ですがこのスキル高ければ、かかる時間はそれだけ短くなり、ちょっとした隙をつけば安全に行うことが可能。安全性を高めるスキルのひとつと言えます。

頻繁にキャンプに戻ってしまう場合は、「不屈」も有用です。力が尽きるたびに攻撃力と防御力が上昇するので、実に初心者向けなスキルです。やられることが少なくなってきたら、腕前が上がってきた証。その時は「不屈」を卒業し、新たなスキルに切り替えてください。

◆フィールドに行く前から戦いは始まってる! 事前の準備も大切

防具も色々ありますが、入手が容易という点で「ランゴシリーズ」や「タロスシリーズ」などがお勧めです。前者は「ランゴスタ」、後者は「カンタロス」の素材で作れます。どちらも小型モンスターな上、与えてくるダメージも微々たるもの。初心者でも安心して狩れます。武器で直接攻撃すると体が四散してしまうので、スリンガーを使って少しずつダメージを与えてください。

そしてもうひとつ、初心者が忘れがちなのが「食事」。一時的な効果なので疎かにしがちですが、体力やスタミナの上限が上がり、運が良ければ有用なスキルも発動します。強敵に立ち向かう時ほど重要な要素なので、こちらもお忘れなく。クエストを受注してから出発までの間に食事をする、といった流れを作っておくと、忘れにくくなるかもしれません。

◆最も重要なのは「生き残ること」

モンスターにやられても、死ぬことはありません。何度倒れても、諦めずに立ち向かい続ければ、その経験が力となって助けてくれます。戦いの場で生き残り続ければそれだけ強くなっていくので、出来うる限りの手段を駆使してモンスターに抗い、経験を蓄えていきましょう。

全文を読む

  • 注目コンテンツ

  • この記事へのコメント

  • 掲示板へ


    モンハンワールドについて話そうよ

    モンハンワールドのことをみんなで話そう!気軽に投稿してね
    モンハンワールド雑談掲示板

  • 注目コンテンツ

  • この記事へのコメント

  • 掲示板へ


    モンハンワールドについて話そうよ

    モンハンワールドのことをみんなで話そう!気軽に投稿してね
    モンハンワールド雑談掲示板

  • 関連記事

  • 本日の人気記事

  • RSS①

  • RSS②

  • -初心者向け, 攻略・立ち回り

    メニュー
    トップ