キャラ評価

【キャラ評価】嵐の鉄拳 ガトリングの詳細と評価について

当サイト人気記事TOP5

当サイト人気記事TOP5

嵐の鉄拳 ガトリング

嵐の鉄拳 ガトリングの詳細

ファイター(Fighter)

CV:川原慶久

両腕を失ったボクサー。両腕を取り戻さんとある博士の呼出しに応じたが、意識が戻ると両腕は得体の知れない「何か」にすり替わっていた。現在は「何か」により増幅した強さを傭兵団で生かしている。

鋼の拳を持つガトリングは、対ヒーロー戦に特化するキャラです。ターゲットに一気に近付く突進攻撃、そして敵に硬直状態を与える攻撃手段が多いのです。

【おすすめスキル強化⑦】ガトリング(嵐の鉄拳)…スキル2をメインに、最終奥義を強化しましょう。スキル2は威力が高く準備時間が短く使用頻度も高いので優先的に強化しましょう。スキル1は相手の行動制限スキルとして非常に優秀なため早期にLV1だけを取得がおすすめです。

ガトリング

嵐の鉄拳 ガトリングのストーリー

ガトリンググは、かつてはキャノンポリス秘密結社のボクサーだった。
だが、秘密結社が政府の取り締まりを受けた時、
追っ手から逃れる際、不運にも両手を失ってしまった。
ガトリングは意気消沈した。
秘密結社を離れ、独りで住んでいた小屋に引きこもった。
自決の念まであった。

ある日、彼は一通の手紙を受け取った。
それは自称「博士」という、聞いたこともない人からのものであったが、
手紙には彼の両手を取り戻す計画のことが書かれてあった。
また、それには相応の「代価」が必要であるとも。
ガトリングには、あれこれ考えている時間がなかった。
彼はすぐに約束通り、手紙にあった地下室にやってきた。
そこはガランとしていた。そして次の瞬間、彼は意識を手放した。
彼が意識を取り戻した時には、自身は冷たい地下室の床に横たわっていて、
両手はすでに得体の知れない「何か」にすり替わっていた。
その「何」は以前の自分のそれよりも動きが柔軟で、以前のそれよりも力強かった。
彼を救った「博士」は、終始彼の前に現れることはなかった。

現在の彼は、頑強な拳と並外れたボクシングの腕で、
キャノンポリスの傭兵団の一員となった。
しかし彼は決して忘れないだろう、まだ支払われていない「代価」のことを。

嵐の鉄拳 ガトリングの評価

編集中

  • 注目コンテンツ

  • この記事へのコメント

  • 掲示板へ


    War Song(ウォーソング)について話そうよ

    War Song(ウォーソング)のことをみんなで話そう!気軽に投稿してね
    War Song(ウォーソング)雑談掲示板

  • 注目コンテンツ

  • この記事へのコメント

  • 掲示板へ


    War Song(ウォーソング)について話そうよ

    War Song(ウォーソング)のことをみんなで話そう!気軽に投稿してね
    War Song(ウォーソング)雑談掲示板

  • 関連記事

  • RSS①

    おすすめ記事

  • RSS②

    こちらの記事もどうぞ

  • -キャラ評価

    メニュー
    トップ